HOME > 活動の報告 > 終了したイベント > 住吉-住吉公園間廃止関連イベントに協力しました

住吉-住吉公園間廃止関連イベントに協力しました

2016年3月13日

残念にも2016年1月30日(土)をもって阪堺電車上町線の住吉-住吉公園間が営業終了してしまいました。RACDA大阪・堺は、阪堺電車が主催された惜別イベントに協力をさせていただきました。

1月24日(日)に行われた事前申込者を対象にした住吉公園駅撮影会終了後、駅構内が一般に開放されました。ホームに2両の「ギャラリー電車」が留め置かれ、車内で住吉公園駅の歴史の紹介や写真の展示をしました。RACDA大阪・堺は、これらの企画、展示に協力をしました。

1月30日(土)の営業最終日には、「ありがとう住吉公園」のフラグヘッドマークを作成、住吉公園に発着する最終電車の1本前の電車にとりつけて運転。その後も当日は全線にわたり運行されました。 なお、最終日前日の1月29日(金)には、阪堺電車のパッケージ企画を利用して、主に鉄道愛好者を対象として、162号電車で住吉公園駅入線の貸し切り運転も行いました。

sumiyoshi-haishi01.jpg
▲ギャラリー電車車内

sumiyoshi-haishi02.jpg
▲住吉公園駅で展示されたギャラリー電車

sumiyoshi-haishi03.jpg
▲惜別ヘッドマーク

sumiyoshi-haishi04.jpg
▲到着するヘッドマーク付電車

このページの先頭へ